2009年05月12日 プレスリリース

白物家電のコールセンターを受託、運用開始
~白物家電のデジタル化を見据え業務範囲を拡大~

パソコン、インターネット関連のテクニカルサポート事業を展開するキューアンドエー株式会社(代表取締役社長:金川裕一、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は、電子レンジ、冷蔵庫など「白物」と呼ばれる家電製品を対象とした、家電メーカーの顧客向けコールセンターを受託し、本日より運用開始いたします。

今回受託するコールセンターは、当初、総合電機メーカー1社の家電製品を対象とし、今後、随時対応可能なメーカー製品を拡大していく予定です。センターの規模は、2009年度下半期までに最大100ブース、200名程度の要員を計画しています。

これまでもキューアンドエーは、DVDレコーダーをはじめとするデジタル家電製品のテクニカルサポートを提供してきました。しかし、近年白物家電と呼ばれる電子レンジや冷蔵庫などの家電製品が、高機能化・多機能化し操作が複雑になっています。また今後、製品がネットワーク化され設定や利用が難しくなることが懸念されるため、その操作方法や問い合わせ対応窓口としてコールセンターの需要が見込まれ今回のセンター受託にいたりました。

キューアンドエーでは今後も、複雑化する様々な家電のテクニカルサポートを提供することにより、全てのユーザーがその利便性を享受できるようサポートサービスの開発・提供をおこない、デジタルディバイドの解消に貢献いたします。

以上

■白物家電コールセンターの概要
 ◇実施予定業務:電子レンジ、冷蔵庫など白物家電のテクニカルサポート業務
 ◇業務開始日:2009年5月12日
 ◇ブース規模:最大100ブース程度(2009年度下半期までに)
 ◇要員規模:最大200名程度(2009年度下半期までに)

【当リリースに関するお問い合わせ】

 キューアンドエー株式会社
 東京都渋谷区渋谷2-12-24 東建・長井ビル 5階
 コーポレートサービス部 広報担当
 お問い合わせフォームicon_window.png
QRコード

スマートフォンにも対応しています。