2011年06月01日 プレスリリース

在宅型コールセンターサービスの提供開始
~訪問型サポートサービスとコールセンター運用のノウハウ融合によるアウトソーシングおよび導入支援~

ICTデジタル製品関連(パソコン、インターネット、情報家電など)のテクニカルサポート事業を展開するキューアンドエー株式会社(代表取締役社長:金川裕一、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は、ブロードアース株式会社(代表取締役:中岡 聡、本社:東京都渋谷区、以下ブロードアース)と協業し、2011年6月1日よりコールセンターを運用している企業・自治体などを対象に、在宅型コールセンターサービスの提供を開始いたします。

本サービスは、コールセンターのエージェントが在宅で勤務できる環境を提供するものです。これにより、コスト削減や繁閑対応、BCP(事業継続計画)対応などのメリットが生まれます。

従来、在宅型コールセンターは業務マネジメントやセキュリティ環境確保などの課題から実現されにくいものと考えられていました。これに対しキューアンドエーは、コールセンターの運用実績と訪問型のサポートサービスにおけるビジネスモデルの応用活用により、在宅型の運用環境を実現いたしました。また、当社内や既存コールセンターとの融合運用などリスクを最小限に抑えた段階的な導入も可能です。

さらに、ブロードアースの在宅運用向けクラウドサービス「CCP(コールセンタープロバイダー)※1」 を導入することで、安全な物理的セキュリティ措置を備えたオペレーション環境を整えます。

各企業は「東日本大震災」におけるBCP対応や国内外におけるコスト競争、雇用や労働力確保など経営を取り巻く課題に直面しています。また、労働者の就業ニーズも多様化し、柔軟に対応することができる就労形態が求められています。キューアンドエーでは本サービスを推進することにより、これらの課題を解消し、国内の経済活動の活性化や新しい労働環境の創出、ワークライフバランスの実現を目指します。

キューアンドエーでは、2011年5月1日付けで本サービスの専任組織を設立いたしました。また、在宅エージェントの募集も随時開始いたします。

※1 CCP(コールセンタープロバイダー):
セキュリティマネジメント機能、コールマネジメント機能、オペレーターマネジメント機能が一括提供できるコールセンター用ASP型システム

【サービス概要】
 対象:コールセンターを委託する企業・自治体など
     コールセンターを自社運用している企業・自治体・CRMエージェンシーなど
 
【サービス内容】
 《業務受託型サービス》 
  業務の事前準備から運用までの一括受託サービスを提供
  (当社内コールセンターとの融合運用を含む)

 《システム+制度運用支援型サービス》
  自社で在宅型コールセンターを運用する企業を対象に、システムの提供と
  在宅エージェントの就業場所環境調査など、制度運用に必要となる各種支援を提供

 《システム提供型サービス》
  自社で在宅型コールセンターを運用する企業を対象にシステムを提供

【導入によるメリット】
 ①余剰シフト、設備などの削減によるランニングコスト削減
 ②既存コールセンターとの連携による柔軟かつ品質の高い組織体制の構築
 ③必要な時に必要な人員数のアサインによる繁閑対応
 ④必要スキルに応じた人材採用による品質向上、教育コスト削減
  (例:資格保有者、類似業務経験者、営業経験者など)
 ⑤ロケーションフリーに基づいたBCP(事業継続計画)の確保



<ブロードアース株式会社について>
創業以来、大手通信事業者へIP放送システムやIP電話付加価値システムなどの映像や音声サービスを提供し、お客様の事業拡大、顧客満足度向上に貢献するとともに、新たな価値創造に取り組んでいる。その中で培ってきた確かな信頼と技術を武器に、次世代ネットワークに舞台を広げBtoBtoCプラットホームを開発、業務やサービスの新しい形を実現するために事業を展開している。
◆ブロードアース株式会社ホームページicon_window.png

【本サービス内容に関するお問い合わせ先】
 キューアンドエー株式会社
 営業統括部テレワーク事業推進グループ
 営業担当:倉林、武田、木川
 連絡先:03-5468-7514
◆お問い合わせフォームicon_window.png


【当リリースに関するお問い合わせ】

 キューアンドエー株式会社
 東京都渋谷区渋谷2-12-24 東建・長井ビル 5階
 コーポレートサービス部 広報担当
 お問い合わせフォームicon_window.png
QRコード

スマートフォンにも対応しています。