2012年02月27日 プレスリリース

注文受付に特化した通信販売事業者向け在宅型コールセンターサービス
「通販コール180」の提供を開始
~1時間単位の在宅オペレーターシフト調整で、過剰な人件費をかけずに繁閑対応~

 ※本サービスは、2013年3月末で提供を終了しました。

 

コールセンター事業を展開するキューアンドエー株式会社(代表取締役社長:金川裕一、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は2012年2月27日より、主に通信販売事業者を対象に注文受付に特化して、業務内容や条件、料金などをパッケージ化した在宅型コールセンターサービス「通販コール180」の提供を開始いたします。

 

多くの通信販売事業者のコールセンターでは、テレビ番組・CMなどのマスメディアを使用した告知による反響で入電数増減幅が大きいことや、深夜・早朝にも入電対応をおこなうケースが多いという実態があります。そのため、コールセンターで働くオペレーターの勤務体系と入電のバランスを合わせることが難しく、過剰な人件費が発生するなどの課題がありました。(図参照)

「通販コール180」は、昼夜問わず1時間単位でのシフト調整が可能な在宅オペレーターが対応することで過剰な人件費の削減と、突発的な入電増加に対応できる繁閑対応を可能にいたします。

 

また、従来のコールセンター受託においては、クライアントごとに細かいヒアリングをおこない、カスタマイズした業務内容を提供しています。「通販コール180」は、業務内容などをあらかじめパッケージ化し在宅型コールセンター運用にて提供することで、オーダーから最短1週間の短期導入と業界最低水準である180円(9時~21時の場合)のコスト・パー・コール(※)を可能にいたしました。

tuhancall180.jpg

キューアンドエーは、これまでのコールセンター運用実績と、訪問サポートサービスにおける事業所外勤務のマネジメントノウハウの活用により、柔軟な在宅型コールセンターサービスの運用を実現いたしました。今後も企業や労働者が抱える課題を解決し、国内における経済活動の活性化やワークライフバランスの実現を目指してまいります。
 
※「コスト・パー・コール」 1コール対応にかかる人件費や通信費などを含めた費用。
 
【「通販コール180」のサービス概要】
 ◆主なパッケージ条件
  ◇業務内容
   -広告出稿後の反響による注文受付
  ◇業務時間
   -24時間365日
  ◇応答場所
   -オペレーター宅やキューアンドエーのコールセンター
  ◇導入可能時期
   -オーダーから最短で1週間
 
 ◆パッケージ料金
  ◇初期費用(運用設計・マニュアル整備・システム設計):157,500円(税抜150,000円)
  ◇月額費用(受電対応・納品対応・その他管理費)
   -9時~21時:1コールあたり189円(税抜180円)
   -21時~9時:1コールあたり241.5円(税抜230円)
 
【サービス対象】
 ◆通信販売事業者
 ◆電話による注文受付をおこなっている企業
 
【クライアントのメリット】
 ①最大30%のコスト削減
  -1時間単位のオペレーターシフト調整により、過剰な人件費削減
  -業務内容などのパッケージ化により、業界最低水準のコスト・パー・コール
 ②機会損失防止
  -1時間単位のオペレーターシフト調整により、突発的な入電増加や急な欠勤にも柔軟に対応
 
 
【本サービス内容に関するお問い合わせ先】
 キューアンドエー株式会社 営業統括部テレワーク事業推進グループ
 担当:長谷部、正房、大洞
 電話:03-3797-1196
 お問い合わせフォーム:https://www.qac.jp/contact/icon_window.png

【当リリースに関するお問い合わせ】

 キューアンドエー株式会社
 東京都渋谷区渋谷2-12-24 東建・長井ビル 5階
 コーポレートサービス部 広報担当
 お問い合わせフォームicon_window.png
QRコード

スマートフォンにも対応しています。