2014年05月22日 プレスリリース

インターネットバンキングの不正送金被害対策サポートを開始
~パソコンセキュリティ対策診断サービスを無償提供~

 ICTデジタル製品関連(パソコン、インターネット、情報家電など)のテクニカルサポート事業を展開するキューアンドエー株式会社(代表取締役社長:金川裕一、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は、2014年5月24日(土)より、インターネットバンキングを狙った不正送金対策を電話/リモート(遠隔操作)サポートにて提供開始いたします。
 
 近年、インターネットバンキングを狙った不正送金による被害が急増しています。警視庁の調査によると、2012年には約4,800万円(被害件数:64件)だった被害額が、2013年には約14億600万円(被害件数:1,315件)と過去最大になっています。2014年1月~5月の被害額は既に14億円を超えており、不正送金による被害は未だに増加傾向にあります。また、インターネットバンキングの不正送金の手口は「マルウェア(不正プログラム)」が増加傾向にあり、2012年の「マルウェア」による被害件数16件に対し、2013年1月~11月は1,097件になっています。
 「マルウェア」は、お客さまのパソコンをウイルス感染させ、インターネットバンキングページを改ざんします。改ざんにより不正なログイン画面を表示させ、認証情報の搾取や送金先口座の書き換えなどをおこないます。「マルウェア」による、周辺プログラムの脆弱性を利用した感染は増加しており、ウイルス対策ソフトの導入だけでは防ぐことができません。したがって、お客さまが気付かないうちに被害に合う可能性があります。
 
 そこで、キューアンドエーはインターネットバンキングを狙った不正送金対策サポートを開始することにいたしました。電話/リモート(遠隔操作)サポートにて「パソコンセキュリティ対策診断」を無償で実施し、必要に応じて適切なサポート内容の提案や、要望があればその場でウイルス予防・駆除などの有償サポートをおこないます。また、お客さまご自身でもセキュリティ対策をおこなうことができるよう、有償サポートにて、オンラインレッスン「パソコンセキュリティ対策講座」も提供いたします。「パソコンセキュリティ対策診断」は2014年6月30日(月)まで無償で提供いたします。
 
 キューアンドエーは今後も、多くのお客さまが安心・安全のもと、快適なデジタルライフを過ごせるよう、高品質でより身近なサービスを提供し、ICTの発展の中で豊かな社会づくりに貢献いたします。
 
 
◆サービス概要
1)パソコンセキュリティ対策診断
  ・内容:リモート(遠隔操作)による、パソコンのセキュリティ診断
  ・料金:無償 ※2014年6月30日(月)まで
2)不正送金被害に対する対策サポート
  ・内容:OSや周辺プログラムのアップデート、セキュリティ対策相談
  ・料金:3,000円(税抜)/30分
      ※クレジットカード払い
3)オンラインレッスン「パソコンセキュリティ対策講座」
  ・内容:ウイルス(マルウェア)とは
      ウイルスの感染経路
      ウイルス感染の被害
      セキュリティ対策の方法
  ・料金:3,800円(税抜)/30分(1講座+復習用テキスト)
       ※クレジットカード払い
       ※クラブQ&Aプレミア会員(月額2,000円(税抜))は、月額チケット2枚
◆サービス提供方法:電話/リモート(遠隔操作)サポート ※訪問サポート(有償)もご利用可能
◆お問い合わせ・受付:0120-863-863(10:00~19:00)
 
 
 
※プレスリリース表記に関するお詫びと訂正※
2014年5月22日(木)に発表いたしました本リリースの内容に誤りがございましたので、下記のとおり訂正させていただきます。
皆さまに大変ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
■訂正箇所
 第二段落
 誤)独立行政法人情報処理推進機構の調査によると、2012年には約4,800万円(被害件数:64件)だった被害額が、2013年には約14億円(被害件数:1,315件)と過去最大になっています。
 正)警視庁の調査によると、2012年には約4,800万円(被害件数:64件)だった被害額が、2013年には約14億600万円(被害件数:1,315件)と過去最大になっています。

【当リリースに関するお問い合わせ】

キューアンドエー株式会社
 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー 29階
 広報担当
 お問い合わせフォームicon_window.png
QRコード

スマートフォンにも対応しています。