事メッセージ

2012年8月16日

国際人

皆さんこんにちは。
武田です。


ロンドンオリンピックは事前期待を超える感動の連続でした。
開会式では会場を舞台にイギリスの歴史を表現する発想が素晴らしく思わず涙ぐみました。(各国の選手の活躍にも感動をしました)


さてオリンピックにかぎらず、近年企業の活躍の場は国内にとどまらず世界に広がっています。
当社も現在は100%日本国内市場で業務を行っていますが、将来の海外進出に備えて準備を開始しています。
その際に課題になるのが海外で活躍できる人財育成です。


以前勤めていた会社に若手メンバーを対象とした「国際要員研修」という名の研修プログラムがありました。
カリキュラムの中心は語学研修ですが、それ以外に「茶道」や「能」観賞といった日本の文化を知る研修に重きを置いていました。
これは「真に活躍する国際人は日本文化を語れる教養を持たなければいけない」という思想が基本にあります。


最近学生の皆さんが学校以外の専門学校等に通って在学中に色々な資格を取得する傾向があります。
もちろん語学の勉強や資格の勉強を否定するつもりはありませんがせっかくなら他学部や他学科を含めてもっと通っている学校の授業を受講して教養を高めることに時間を使った方が長い目で見たときに人生にプラスになります。


自分(理工学部電気工学科出身)がもしもう一度大学に戻れるなら、哲学、文学、歴史、心理学といった文系の授業を受講します。
(決して女子学生目当てではありません)。


-------------------------------
どうも榎本です!!


今日は常務にブログを書いていただきました。
異文化交流、私も大賛成です。教養を高めるだけでなく多様性も身につきます。
「長期的な人生への投資」
歳をとると感じるのですが、これって結構贅沢な投資ですよね。


常務の最後の一文が気になります。
「決して女子学生目当てでは・・・」


先日私が書いたブログの「○○の勧め」も異文化交流ですよね。。。
では、また次回!!