事メッセージ

2012年8月27日

チャオ~!

どうも、榎本です。
昨日、一風変わった勉強会を行いました。
「挨拶」についてです。


皆さんは挨拶について考えたことはありますか?
なぜ挨拶をするの?
なんで挨拶をしなければいけないの?


企業に入社するとビジネスマナー研修などでほとんどの会社で挨拶の練習をすると思います。
(挨拶がビジネスマナー?挨拶は一般常識というのは置いておいて)


私も社会人になりたての頃、練習をしました。
一番最初の職場は魚屋さんだったので元気よく、力いっぱい。
しかし次の職場では、そのせいでよく怒られておりました。


ホテルマンです。
まぁホテルのロビーで魚屋さんのような挨拶をされたら・・・
上司にもお客様にもよく「五月蠅い!」と言われておりました。


さらに次の職場では丁寧過ぎる!と言われました。
(人財関係の営業です)
それぞれの世界の習慣があるようです。


私の性格かもしれませんが、私にとって挨拶は人間が呼吸をする事と、同じ様に思っていました。


なぜ呼吸をするの?
人間には酸素が必要だから。 以上!


なぜ挨拶をするの?
他人と接するから。 以上!


しかしそれは間違っていたようです。


昨日の勉強会であった意見ですが
「最近、若い頃みたいにテンションの高い挨拶をしていない」
(原文を少々変更してありますが)


学生の皆さん、どうでしょう?
友達に会った時、昨日も一緒にいた友達でも
異常なテンションで挨拶をした記憶はありませんか?

私はあります。
昨日も学校で一緒にいた友人と、毎日握手をしたりハグをしたりしていました。(海外なので少々大げさですが)


なぜハグをしたり、握手をするのでしょうか?
若いから?
違いますね。


今(33歳 オッサン)でも久しぶりに合う友人だと気分が高まり握手やハグをしてしまいます。


気分が高まる→挨拶で表現をする。
ということは、「挨拶」とは感情の表現のようですね。


流石にビジネス上でハグはできませんが、営業をしていたころは、よくお客様に握手を求めていました。
一瞬、「えっ!」という表情になりますがほとんどのお客様は握手に応じてくれます。


そうすると相手との距離が一気に縮まります。
その一つの行動だけで、その後の商談の流れが変わります。
(まぁ当時そこまで考えておらずただ、馴れ馴れしいだけでしたが・・・)


その握手には、私(榎本)はあなた(お客様)に会えてとても嬉しいです、感謝をしています。


という感情の表現です。


感情の表現に100点満点(正解)はありません。
しかし120点、150点の事前期待を超えた挨拶はあります。


そんな挨拶のできる職場を創っていくのも私達の役目だと思っています。
もしよかったら、一緒に創ってみませんか?


それではまた次回!!