Home > 注目の企業にインタビュー! > 株式会社クリエイト・レストランツ

注目の企業にインタビュー!

岡本氏画像

株式会社クリエイト・レストランツ代表取締役社長。1987年に三菱商事(株)に入社。1996年に日本ケンタッキー・フライド・チキンに出向し「Soup Stock Tokyo」の立ち上げに参画。三菱商事に戻り2000年にオリエンタルランドと三菱商事の合弁会社による「レインフォレストカフェ」誘致、1997年にクリエイト・レストランツを立ち上げ。2003年に三菱商事を退社して現職。

出向先で出会った人と仕事が、将来を変えた

西山
まずは外食産業に関わった経緯からお聞かせ願えますか。そもそも、商社は法人相手の事業は得意ですが、飲食産業は個人が相手ですよね。
 
岡本
三菱商事時代に日本ケンタッキー・フライドチキン(KFC)に出向したんです。そこで、消費者と直に向き合う仕事もおもしろいなと感じました。飲食業の経営手法も間近に見ることができたし、そこで同じく三菱商事から出向していた遠山正道氏*と一緒に「Soup Stock Tokyo」の立ち上げにも携わる機会を得たんです。当時のKFC社長は大河原毅氏。外食業界のバイブルを作ったといわれる方で、彼の周辺にいらっしゃる外食業界のキーパーソンや、現会長の後藤にお会いできたことも大きな財産でした。
  *現、Soup Stock Tokyo経営、(株)スマイルズ代表取締役会長

西山
外食産業のおもしろさと、錚々たるメンバーに感化されたわけですね。KFCにはどのくらいいらしたのですか?

岡本
2年半です。三菱商事に戻ると、ちょうど新浪剛史氏(現・ローソン社長)が、当社も外食に突っ込むぞと頑張っていました。そうはいっても、三菱商事はKFC以外、外食産業経験はほとんどなかったので、「Soup Stock Tokyo」のようなベンチャー的手法もあるねということで、外食産業に株主として出資し、そこに取締役として出向したりもしました。2000年にはアメリカのテーマレストラン「レインフォレストカフェ」をオリエンタルランドと提携し、日本への誘致を企画した結果、イクスピアリに出店することができました。しかし、大企業同士の合弁というのは意思決定ひとつとっても非常に大変で、自分がやりたいこととは違う気がしました。

 

社内制度も活用し、直談判で会社を興す

西山
そこでベンチャーに挑戦するわけですね。そうした事例は前例があったんですか?
 
岡本
当時は、社会動向を受けて商社も先行き不安な状態でした。そこで、やる気のある個人は会社と共同でベンチャー事業をやっていいという制度ができたんです。それなら自分の会社を作ろうと決意しました。
 
西山
すばらしいタイミングですね。しかし、立案に関して障害はなかったんですか?三菱商事としては決して大きな事業ではありませんよね。

西山氏画像

岡本
直前に手がけた「レインフォレストカフェ」事業は、三菱商事的には初めての事業分野だったんです。だから、事業規模の割に注目度は高く、私はレストラン事業に関して社内では頭ひとつ出た感じになったんです。それから、これは新浪氏を見習ったんですが、彼はいつもまずトップに相談をするんです。間の人をみんなすっ飛ばして。嫌われても気にしない。「最終意思決定者に直接話をして進める事が大事だ」と常々おっしゃっていたので、私も当時の上司だった後藤雅治氏(現・菱食社長)にアポを取って、直接、会社を興したいと話しました。そこで「まあ、いいんじゃない」という言葉をいただいたら、すかさず常務も賛成だと社内に言いふらしました(笑)。批判もありましたが、最終的には「もう、やることになってるんだろう」という雰囲気でしたね。
 
西山
最初の出資比率はどのくらいの割合だったんですか。
 
岡本
最初は三菱商事が34%、パートーナーである現会長の後藤が66%。その直後に自分も2%ほど出資しました。折しも社内はローソンの筆頭株主となった件で大騒ぎをしていましたから、こっそり小さいビジネスを起こすには絶好のタイミングでした(笑)。
 
西山
しかし、最初から事業がすんなりといったわけではないですよね?一番苦労なさったのはどのあたりですか。
 
岡本
まず、資金繰りです。2000年には、御殿場のアウトレットと舞浜のイクスピアリへの大きな出店計画がありました。しかし、開業前の店作りで既に資金はない。もう、税金や家賃は滞納、月末支払いは翌月初にまわす自転車操業です(笑)。給料と食材費だけは信用問題ですから遅らせることはできません。頼りにした東京三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)からも三菱商事の債務保証がなきゃだめだと断られ、結局、家内に内緒で自宅を抵当に入れ、中小向けの金融から融資を受けました。私は大きな仕事をするときは「○○を買った事にしよう」と思うことにしてるんです。だから、今度は「家をなくしたことにしよう」と(笑)。

 

新規参入のコンペでは、三菱ブランドも味方に付ける

西山
そして、2005年に上場。IPOもいけるぞと思われたのはいつ頃ですか?
 
岡本
売上が100億を超えた2003年ですね。2004年で100億をクリアすると三菱商事には言っていたので、そういう意味では順調でした。
 
西山
急成長の秘訣は何ですか? 立地環境にあわせてオーダーメイドで店舗を組み立てるのが御社の強みではありますが、大型商業施設では当然コンペティションで他社とも競い合うわけですよね。
 
岡本
まず、出店は集客の見込める場所に絞り、大きな商業施設や駅ビル、観光地、百貨店などの立地を選びました。あとは。今までにない提案です。デベロッパーは、とにかく身新しく訴求力のある店が欲しいわけです。当社の会長の後藤は元々は飲食店の二代目ですから世界中のレストランを見て回った経験とネットワークで、魅力的な店舗提案ができる。もちろん優秀なプランナーはたくさんいますが、経営まで手がけるところはまずありません。また、当社は三菱商事の資本が入っているおかげで、実績が少なくても信用はあったのではないかと思います。
 
西山
人事関係のオペレーションはいかがでしたか?
 
岡本
それは厳しかったです。一番苦労したのは人の入れ替えですね。経理に関しては最初の6ヶ月で3人くらい部長を代えました。三菱ブランドで優秀な方を採用できても、大企業経験者は帳簿の些細なところで大騒ぎしたりする。しかし、小さな会社ではそんなことよりもっと大事なことがあったりするんです。

 

自分ひとりで満点にせず、周囲の意見を加え事業をまとめる

西山
事業の今後のビジョンはどのように描かれていますか。
 
岡本
外食のプロフェッショナルが育つ会社ができればと思いますね。既存のマニュアルやブランドといったシステムの中に人間をはめ込むのではなく、人を起点にしてシステムを作る。時代とともに店も変化するし、経営も形態によって異なりますが、そういう経験をみんなで共有し伝承し、新しい時代にあった店づくりを提案できる人材が育てられればと思います。
 
西山
企業発のベンチャー事業で成功する秘訣は?
 
岡本
まず、周囲に批判する人がいたら、その人と上手くやること。あえて意見も取り入れてみる。そうすることでみんな納得する。自分ひとりで100点満点にしようとしないで、少し抜けた企画がみんなの意見を加えてうまくいった、とできれば一番いいですね。 それから、とにかく諦めないこと。思考停止しないで何らかの方法を考えてみる。やったことは失敗であっても必ず将来の糧になります。そして、雑音には耳を貸さず余計なものはぜんぶそぎ落として、その会社が守るべき最低限の本質をしっかり守っていくことです。どんな障害があっても、続けることができれば苦しいことの見返りに楽しいことも必ず待っていますよ。

 

Look up !

株式会社クリエイト・レストランツ
三菱商事の社内ベンチャーとして1999年にスタート、2005年にマザーズ上場を果たした新しい戦略のレストランビジネス企業。
料理のジャンルや店舗形態を立地や顧客特性に合わせて企画し、運営まですべてを直営で行う「マルチブランド・マルチロケーション」戦略により、全国に121ブランド、389店舗を展開している。
寿司からエスニックまでバリエーション豊かな店舗展開が強み。
社員数1,402人、年商約400億円(2009年2月末 現在)