お使いのInternet Explorerのバージョンは本サイトに対応しておりません。
最新版のInternet Explorer、または別ブラウザーをご利用ください。
最新版Internet Explorerのダウンロードはこちらから

2019年12月17日 プレスリリース

4年連続で、キューアンドエー児童被害防止活動「サイバーパトロール隊」が
宮城県警察より感謝状を授与~委嘱と警察庁からの要請を受けての活動強化が評価~

 キューアンドエー株式会社(代表取締役社長:川田哲男、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は、2019年12月17日(火)、宮城県警察より、4年連続で「サイバーパトロール隊」の児童被害防止活動に対して感謝状を授与いたしました。
 
 キューアンドエーは、宮城県警察から民間企業として初めてサイバーパトロール活動を委嘱され、2016年6月より「サイバーパトロール隊」として児童被害防止活動に取り組んでまいりました。検索サイトを活用してインターネット内の情報をチェックするほか、SNSや電子掲示板(ブログなど)の書き込み内容、インターネット・オークションや個人売買のホームページに掲載された違法・有害情報を宮城県警察へ通報する活動です。同年8月からは、児童被害が特に多いサイト・アプリを中心にサイバーパトロールを集中的に実施し、有害・違法情報の削除要請をおこないました。2019年は前年の1.5倍となる304件の通報をしております。これらの活動で被害から児童を守る取り組みが評価され、4年連続で感謝状を授与いたしました。
 

サイバーパトロール隊からのコメント

 4年連続で感謝状をいただけることになり大変嬉しく思います。2019年7~9月に宮城県警察主導で実施したTwitter集中パトロールでは、前年比1.5倍となる304件の通報をおこないました。宮城県全体としても900件以上の通報で、過去最多となったということです。2019年度、キューアンドエーではTwitterの監視をするにあたりRPAツールを導入いたしました。特定のキーワードによる検索や通報といった定型作業を自動化することにより、通報件数の増加に繋がりました。今後も宮城県警察と連携しながら、より効果的な監視・通報を進めてまいります。

 

 キューアンドエーは今後も、多くのお客さまが安心・安全のもと快適なネットライフを過ごせるよう、国や官公と一体となる活動を推進し、ICTの発展の中で豊かな社会づくりに貢献いたします。
 
◆贈呈式について
 日 時:2019年12月17日(火)13:30~14:00
 場 所:宮城県警察本部(宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号)
 参加者:キューアンドエー株式会社 東日本オペレーション事業部
     仙台第2オペレーション部長  成澤勝将
     仙台第2オペレーション部   柴田知和(サイバーパトロール隊 隊長)
     仙台第2オペレーション部   栗林正人(サイバーパトロール隊 副隊長)
201912cyberpatrol.png
 
◇関連リンク

【当リリースに関するお問い合わせ】

キューアンドエー株式会社
 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5階
 広報担当
 お問い合わせフォームicon_window.png