お使いのInternet Explorerのバージョンは本サイトに対応しておりません。
最新版のInternet Explorer、または別ブラウザーをご利用ください。
最新版Internet Explorerのダウンロードはこちらから

2020年02月12日 プレスリリース

TOHKnetより標的型攻撃メール対応訓練サービスに関するセキュリティ研修業務を受託
弘前大学の全教職員200名向けに「情報セキュリティ研修」を開催

 ICTテクニカルサポートを展開し、宮城県仙台市に主要コンタクトセンターをおくキューアンドエー株式会社(代表取締役社長:川田哲男、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は、TOHKnet(トークネット、社名:東北インテリジェント通信株式会社、代表取締役社長:三浦直人、本社:宮城県仙台市、以下TOHKnet)より、同社が提供する「標的型攻撃メール対応訓練サービス(*1)」に関するセキュリティ研修業務を受託し、2020年2月14日(金)、弘前大学(青森県弘前市)の全教職員200名向けに「情報セキュリティ研修」を実施いたします。
 
 近年、特定の組織や団体を狙って情報窃取をおこなう標的型攻撃メールは増加傾向にあり、情報処理推進機構が毎年発表している「情報セキュリティ10大脅威」では、5年連続で「標的型攻撃による機密情報の窃取」が1位となっています。(*2) 警察庁が発表した広報資料「令和元年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」(*3)によると、警察庁が全国の事業者と情報共有をおこなう「サイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク」(*4)を通じて把握した2018年の標的型メール攻撃の件数は6,740件、2019年上半期は2,687件に上り、2014年から連続して増加傾向にあります。攻撃の種別を見ると「ばらまき型」攻撃が全体の85%を占め、引き続き高い割合となりました。標的型メールの送信先メールアドレスについては、インターネット上で公開されていないものが全体の82%、偽装されていると考えられるものが90%を占めています。
 
 キューアンドエーは、これまでもTOHKnetが提供する「標的型攻撃メール対応訓練サービス」に関するセキュリティ研修のほか、宮城県からの依頼による学生向けマナー研修や就労移行支援事業所における障がい者向けマナー研修などをおこなっております。
弘前大学は、教職員の情報セキュリティに関する意識向上を目的とし、毎年情報セキュリティセミナーを開催しており、2019年4月にもキューアンドエーは、教職員向けに情報セキュリティ研修を実施いたしました。今年も、情報セキュリティに対する意識・リテラシーをより一層強化したいというご要望を受け、弘前大学にて研修を実施いたします。(*5) 当日は、実例を紹介しながら、その対策方法について講義する予定です。
 
今後もキューアンドエーは企業のCSR(社会的責任)と地域社会への貢献を推進しながら、多様な働き方への理解を深め、地域に密着した雇用創出をおこなってまいります。
 
【開催概要】

キューアンドエー TOHKnetより標的型攻撃メール対応訓練サービスに関するセキュリティ研修業務を受託 弘前大学の全教職員200名向けに情報セキュリティ研修を開催 講師 大久保光彦

◆開催日時:2020年2月14日(金)14:00~15:30、17:30~19:00
◆対  象:弘前大学の全教職員(200名)
◆開催場所:国立大学法人 弘前大学 総合教育棟/医学部講義棟
      〒036-8561 青森県弘前市文京町1
      〒036-8562 青森県弘前市在府町5
◆講  師:キューアンドエー株式会社 大久保光彦
      仙台拠点セキュリティ担当兼ISMS拠点担当 
      個人情報保護士および個人情報保護指導者取得
◆研修項目:1.標的型攻撃メールとは(2019年度傾向)
      2.ランサムウェア(マルウェア「Emotet」感染増大状況)
      3.フィッシング詐欺
      4.SNS利用時の注意
      5.学内運用ルールの確認
 
*1 標的型攻撃メール対応訓練サービス(提供元:東北インテリジェント通信株式会社・東北インフォメーション・システムズ株式会社)
  疑似攻撃メールによる被害を未然に防ぐための、法人向け教育型サービス。リアリティの高いメールを送付し、被害にあわないようにするためのポイントを学ぶプログラム。
 
*2 情報セキュリティ10大脅威 2020
 
*3 令和元年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について(p.3-4)
 
*4 サイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク
    警察と先端技術を有する全国8,100の事業者など(2019年7月現在)との間で、情報窃取を企図したとみられるサイバー攻撃に関する情報共有をおこなう枠組み。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)と連携し、政府機関に対する標的型攻撃メールの分析結果についても情報を共有している。
 
*5 TOHKnetより標的型攻撃メール対応訓練サービスに関するセキュリティ研修業務を受託
弘前大学の教職員向けに「情報セキュリティセミナー」を開催(2019年4月2日)

【当リリースに関するお問い合わせ】

キューアンドエー株式会社
 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5階
 広報担当
 お問い合わせフォームicon_window.png