お使いのInternet Explorerのバージョンは本サイトに対応しておりません。
最新版のInternet Explorer、または別ブラウザーをご利用ください。
最新版Internet Explorerのダウンロードはこちらから

2020年04月01日 プレスリリース

東北最大規模 収容人数約5万人の「宮城県総合運動公園宮城スタジアム」の命名権取得
~2020年4月から「キューアンドエースタジアムみやぎ」誕生~

 ICTテクニカルサポートを展開し、宮城県仙台市に主要コンタクトセンターをおくキューアンドエー株式会社(代表取締役社長:川田哲男、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は、宮城県が所轄する、東北最大規模スタジアム「宮城県総合運動公園宮城スタジアム」のネーミングライツ(施設命名権)を取得いたしました。2020年4月1日より「宮城県総合運動公園宮城スタジアム」の愛称は「キューアンドエースタジアムみやぎ」になりました。
 
 キューアンドエ―は、2005年7月に宮城県仙台市青葉区にオペレーションセンターを開設しました。2020年で、宮城県に進出して15年を迎えます。現在、宮城県仙台市にあるキューアンドエーのコンタクトセンターは「仙台トラストオペレーションセンター」「仙台青葉オペレーションセンター」「仙台駅前オペレーションセンター」の3拠点で、就業人数は約1,000人です。引き続き宮城県に貢献したいとの想いから、このたび「宮城県総合運動公園宮城スタジアム」のネーミングライツに応募し、採用に至りました。
 
 本施設は、約5万人の収容が可能な東北最大規模のスタジアムです。宮城県宮城郡利府町に位置しており、陸上競技やサッカー、ラグビーなどのスポーツをはじめ、ライブイベントなどでも使用されているスタジアムです。このたびキューアンドエーは、契約料500万円(年間)で、2020年4月1日~2025年3月31日までの5年間の命名権を取得いたしました。
 
キューアンドエースタジアムみやぎ イメージ
 キューアンドエーは、今後も震災復興が進む東北の地で活動を広げ、従業員と従業員を支えるご家族を大切に、地域に密着した雇用創出、ならびに社会貢献活動をおこなってまいります。
 
<概要>
◆新名称:キューアンドエースタジアムみやぎ
◆開設:2000年4月
◆所在地:〒981-0122 宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40-1
◆収容人数:49,000人
◆契約期間:2020年4月1日~2025年3月31日
◆契約料:500万円/年

 


【当リリースに関するお問い合わせ】

キューアンドエー株式会社
 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5階
 広報担当
 お問い合わせフォームicon_window.png