お使いのInternet Explorerのバージョンは本サイトに対応しておりません。
最新版のInternet Explorer、または別ブラウザーをご利用ください。
最新版Internet Explorerのダウンロードはこちらから

2020年06月29日 プレスリリース

会話AIを活用した 「AI電話自動応答サービス 」の提供開始
~"ウィズコロナ時代"の「新しい生活様式」に対応~

キューアンドエー株式会社

ディー・キュービック株式会社

 

 キューアンドエー株式会社(代表取締役社長:川田哲男、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)と当社のグループ会社でダイレクトマーケティングBPO事業を展開するディー・キュービック株式会社(代表取締役社長:伊柳義之、本社:東京都渋谷区、以下ディー・キュービック)は、キューアンドエーグループとして法人向けに、7月1日(水)より会話AI(人工知能)を活用した「AI電話自動応答サービス」の提供を開始いたします。
 
 新型コロナウイルス感染症の影響により現在も、社会的にテレワーク(在宅勤務)の推奨や外出自粛が続いています。これにともない、企業のコールセンターでは、顧客からの電話での注文や問い合わせが増加する一方で、対応するオペレーターの出勤制限や安全確保により、十分な受付体制を構築できず、センターの運用に苦慮しているケースが急増しております。
 
 キューアンドエーグループが提供する「AI電話自動応答サービス」は、このような事業者の課題解決に向けて、オペレーターに代わりAIが顧客からの電話の対応をおこなうサービスです。また、AIによる自動対応だけではなく、顧客が音声で登録した情報の確認・補正をおこなう「バックオフィス」を併設します。バックオフィスの業務は、スタッフが登録された情報を確認し、誤認識や認識エラーがあれば対話音声を確認し、情報を補正いたします。
 
 自動応答のシステムは、主に株式会社ソフトフロントジャパン(代表取締役社長:髙須英司、本社:東京都千代田区)が提供する自然会話AI「commubo(コミュボ)(*1)」を活用し、AI技術と人による確認作業を組み合わせたハイブリッド(複合)型のサービスモデルと、キューアンドエーグループがこれまでのコンタクトセンター運用により培ったノウハウを活かし、顧客対応の完結度を高めていきます。
 
 キューアンドエーおよびディー・キュービックは、今後も“ウィズコロナ時代”の「新しい生活様式」に対応して、電話窓口の自動化や省力化、テレワーク運用などに関連する新たなソリューションを構築・提供してまいります。

【サービス構成図】
 「AI電話自動応答サービス」・・・キューアンドエーおよびディー・キュービックのコンタクトセンター運用のノウハウを活かし、電話自動応答サービス全体フローの設計、トークシナリオの設計、バックオフィスの運用などを全体的におこなうサービスです。
qanda_auto_response.png
【サービス提供概要】
 ・提供企業:通信販売、金融、保険、エネルギー関連など、コールセンターを運営する事業者全般
 ・販売予定数:10社(2020年度内)
 ・販売開始日:2020年7月1日より
 ・サービスページURL
  キューアンドエー:https://docs.qac.jp/auto_response
  ディー・キュービック:https://pages.dcubic.qac.jp/auto_response
 
*1 自然会話AI「commubo(コミュボ)」 https://commubo.com/別ウィンドウ
 スマートスピーカーのような一問一答型ではなく、「継続的で」「流暢な」「音声の会話」に対応する会話AIロボット。
 
 
【本サービスに関するお問い合せ先】 
 キューアンドエー株式会社 オペレーション事業本部 ソリューション推進本部 DX推進部
 お問い合わせフォーム:https://docs.qac.jp/dx_solution_contact
 
 ディー・キュービック株式会社 事業企画本部 ソリューション推進部
 お問い合わせフォーム:https://pages.dcubic.qac.jp/dx_solution_contact

 


【当リリースに関するお問い合わせ】

キューアンドエー株式会社
 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5階
 広報担当
 お問い合わせフォームicon_window.png