事業統括本部運用統括部 稲田 智孝 × 事業統括本部運用統括部 並木 恵美?| 新卒・キャリア採用 |?キューアンドエー株式会社 採用サイト

キューアンドエー株式会社
採用情報

新卒・既卒エントリー
  • トップ
  • 社員を知る
  • 事業統括本部運用統括部 稲田 智孝 × 事業統括本部運用統括部 並木 恵美

員紹介

事業統括本部運用統括部 稲田 智孝 × 事業統括本部運用統括部 並木 恵美

Q1. 入社きっかけを教えてください。

私は2回当社に入社しています。
20代の頃にアメリカに一年間留学をした時に、日本ではまだ普及していなかったインターネットがアメリカでは当たり前のように利用されていて衝撃を受けました。これからは日本もインターネットの社会になると思い、帰国後にインターネット関連の仕事を探しました。その時に当社の求人を見て応募をしたのがきっかけです。
そのあと、別の会社に一度転職をしたのですが、やっぱり他社を知って当社の良さを再認識したと良いますか、また働きたいと当社に戻りました。
私は、コールセンターの仕事がやりたくて当社に入社をしました。
コールセンター数社から内定をいただけたのですが、当社には2つの魅力がありました。
1つ目は、自社のサービスを持っていたこと。自社ブランドで直接サービスを提供することができる。2つ目は、採用面接がとてもアットホームで、面接官の笑顔にやられてしまったこと。それで当社を選びました。

Q2. 今の仕事内容を教えてください。

コールセンターや訪問サポートなどの運用管理の統括をしています。運用の全プロジェクトの管理で、その事業がどのような方向に向かっていって、何を実現するのか。構想を営業や現場の仲間と一緒に考えて、実現に向けて進捗を管理することが仕事です。その実現までのプロセスの間で、人も育てていきます。個人的には管理と言うよりは支援だと思っています。
私は、コールセンター事業の中の1グループのグループ長をやっています。
グループとして目標を達成できるように、全員が同じ方向を見て進捗が進んでいるかを注意しながら運用をしています。
私がマネジメントをするうえで大切にしていることは2つあります。
1つ目は、部下がきちんと目的を理解して、その目的を目指しているかどうかを把握することです。
2つ目は、自分の座右の銘ではないですが「ピンチはチャンス・チャンスはピンチ」という思いがあって、安心してしまっていると気のゆるみからとんでもないミスを起こしてしまうことがあるし、逆にピンチの時は自己成長のチャンスだと思って仕事する。
だから安定して運用できている時こそ、新しいことにチャレンジをしたり、今ある業務を見直したりする。安定している時になにができるか。それは常に意識をしています。

Q3. キューアンドエーの自慢できるところを教えてください。

ここぞという時に皆が協力して、一致団結するという文化は自慢できるところです。あと企業理念に皆が賛同して業務をおこなっているという点ですね。
当社スタッフは人が良いというか、企業理念に共感して入社しているのがわかりますよね。
「人に対してなにかをやってあげよう」というマインドを持っている人が多いというか、そういう人が会社に残っていると思います。ちょっとお節介になっちゃう人もいるのだけれど、そういった風土が根底にあるから、有事の時などに皆が一致団結できるのでしょうね。

Q4. 失敗談について教えてください。

個人的に嫌な失敗は、コミュニケーションがうまくいかなかった時ですね。
例えばプロジェクトを成功させようとか、成果を出していこうと思うと、どうしても自分の意思を優先して、目的や目標を先に出してしまうことがあります。
相手に対しての信頼や、感謝を忘れて物事を進めてしまうと思いが伝わらずに結果的にはうまくいかない。もしくは挫折して再度コミュニケーションを取りなおしていく。
うまく物事がいかない時ってやっぱり人の気持ちが関係していることが多いと思います。
当社はサービス業だからスタッフとのコミュニケーションをきちんと取っていくことが重要だと感じています。
私もコミュニケーションにまつわる失敗は多いと思います。
「やってくれているだろう」「理解してくれているだろう」というような見込みで物事を進めてしまって、後から「お互いにきちんと理解していなかったね」となることがあります。
感謝とか、信頼とかって、独りよがりになってしまう可能性があるから注意が必要ですよね。
当社の仕事が面白いのは人が商品だから。モチベーションやコミュニケーションの取り方で、その人の力が1から1.5にも2にもなるし、下手したら0になることもある。
個人の能力だけでなく、チームの力を1.1倍1.5倍って高めていくのが仕事だから、私はやっぱり管理と言うよりは支援だと思います。
わかりやすい例でいうとメールの読み違えと言うか、メールだと読み手の受け取り方しだいになってしまうから、そこまで怒っていないだろうと思ったら温度が高かったとか、逆の場合もありましたよね。電話や直接会ってコミュニケーションを取るということは重要だと思います。

Q5. お互いをどう見ているのですか?

並木さんに限らず、すべての部下に言えることですが、自分が今のポジションにつけたことは、皆のおかげだと思っています。
運用に関する全部門を統括できているのは、仕事を任せられる部下がいるからですよね。
まだ若いころは個人のスキルで物事を回していました。しかし、ある一定のポジションになった時に、個人プレーではこれ以上成長できないことに気づきました。そこでさらに成長するためには、今まで自分がおこなっていた領域を完璧にこなしてくれる部下がいる必要があったのです。自分の仕事を部下に任せることで、自分は新しい領域で仕事ができたり、新しいことにチャレンジしたりすることができる。信頼できる部下をどれだけ作れるかが重要だと思いますが、並木さんはその中の一人として、信頼して任せています。
並木さんから悪い報告が入ってこなければ、大丈夫だと思って任せていますよね。
信頼しています。お酒の時以外はね。。
稲田さんは尊敬できる上司です。
この人についていこうと思っていますよ。「なにもそんな風に言わなくても」と思うこともありますけど、稲田さんはやっぱり人に対して思いを持って運営をしているなと感じていて、そこはすごく共感できます。
何かあったら助けてくれます。同じ志を持った、自分がやりたいことを支援して実現させてくれる上司がいて感謝しています。
尊敬しています。 お酒の時以外はね。。

Q6. 一日のスケジュールを教えてください

A 7:30 起床
B 9:00 出社
C 9:30 朝礼 メール、各種申請確認
D 10:00 会議
E 13:00 ランチ
F 14:00 打ち合わせのため外出
G 16:00 各部門との進捗ミーティング
H 17:00 事業体進捗管理、資料作成
I 19:30 退社

A 7:00 起床
B 7:15 お風呂に入る
C 8:30 出社
D 9:30 朝礼
メールチェック
担当案件AMへ現場状況、進捗確認の連絡
社内打ち合わせなど
E 12:00 お昼
F 13:00 クライアント先へ打ち合わせのため外出
G 14:00 クライアント打ち合わせ
H 15:00 クライアント常駐案件の状況確認のため引き続き外出
I 16:00 クライアント常駐案件の状況確認およびスタッフ打ち合わせ
J 17:30 帰社
メールチェック、承認チェック
K 19:30 退社
ヒカリエか東急ストアで夕食の買い物

Q7. OFFの過ごし方を教えてください

お休みは主に土日で、1日は買い物や友人と飲みに行ってリフレッシュ、 もう1日はゴルフやジムに行って体を動かすようにしています。

基本的に土日祝日休みです。普段のお休みでは、家の掃除や洗濯、ダンスなどをして過ごしています。 夏季休暇など、まとまったお休みが取れるときは、思い切って海外へ旅に出ます。2014年は、南アフリカとヴィクトリアフォールズへ行ってきました。

Q8. これまでの経歴を教えてください

大学卒業後は金融業に就職し営業職をしていましたが、 30歳の時に直接お客様に喜ばれる仕事がしたくて、 当社にアルバイトスタッフとして入社。 初めは新規立上げの総メンバー8名のコールセンターSVとして従事し、 1年後には40名と大きくなっていました。 正社員登用を経て、現在は当社の全運用に関わる責任者として 執行役員 運用統括部長に就任。 2,000人を超えるスタッフの管理を任されています。

専門学校卒業後、スポーツクラブへ入社。 その後、アメリカへの語学留学を経て、1998年に前身である(株)キューアンドエーへ入社をしました。 最初の2年程はエージェントとしてコールセンターとメールサポートセンターでお客様対応をし、その後、新規センターの立ち上げおよびSVとして、スタッフ採用から研修、オペレーション管理やクライアント様との調整等を行いました。 現在は、東京都内および近県のクライアント様先常駐案件のグループ長として、各センターの運用改善やクライアント様のニーズ掘り起こし、本社とスタッフ間の情報共有の他、新規案件の営業活動や構築支援などを行っています。