お使いのInternet Explorerのバージョンは本サイトに対応しておりません。
最新版のInternet Explorer、または別ブラウザーをご利用ください。
最新版Internet Explorerのダウンロードはこちらから

2019年07月03日 プレスリリース

サイバーセキュリティ「お助け隊」実証事業参画
~ビジネス化に向け大阪商工会議所、東京海上日動、NECと協働~

 ICTテクニカルサポートを展開するキューアンドエー株式会社(代表取締役社長:川田哲男、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は、大阪商工会議所(以下、大商)、東京海上日動火災保険株式会社(以下、東京海上日動)、日本電気株式会社(以下、NEC)と協働して、2019年7月中旬から半年間、京阪神エリアの中小企業100社(以下、実証事業参画企業)を対象としたサイバーセキュリティ「お助け隊」実証事業(以下、本事業)に参画いたします。
 
 本事業は、経済産業省が平成30年(2018年)度第二次補正予算により新設した「中小企業向けサイバーセキュリティ事後対応支援実証事業(サイバーセキュリティ「お助け隊」)」を独立行政法人情報処理推進機(IPA)に委ね、全国8カ所の実施エリアのうち大阪府、京都府、兵庫県での実証を大商が受託したものです。
 
 キューアンドエーは、グループとしてコールセンターを全国11カ所に保持するICTテクニカルサポート専門の事業者です。現在でも、パソコンやスマートフォンのセキュリティ対策診断や、ネットバンキングの不正被害対策などサイバー関連対策サービス、またインターネット上の違法・有害情報監視をおこなうサイバーパトロール活動をユーザーに対して提供しています。本事業では、これらの実績や知見を活かし、実証事業参画企業がサポートを必要とした場合の相談窓口(電話、メール、リモート対応)を担い、ビジネス化に向けてのVOCや解決内容を集約する、総合的なオペレーション機能を提供いたします。
 
 キューアンドエーは今後も、多くのお客さまが安心・安全のもと快適なネット社会を過ごせるよう、国や官公と一体となる活動を推進し、ICTの発展の中で豊かな社会づくりに貢献いたします。
 
◆サイバーセキュリティに関する取り組みと実績
 2013年4月  パソコンセキュリティ対策診断のサービス開始
 2014年5月  ネットバンキングの不正送金被害対策サポート開始
 2016年6月  宮城県警よりネット上の違法・有害情報監視をおこなうサイバーパトロールを民間企業として初めて受嘱
        以降2019年まで4年連続で受嘱
 2017年12月  新潟県の大学教職員および新入学部生向けに情報セキュリティセミナー実施
        以降、2年連続で新潟県や青森県の大学で同様のセミナーを開催
 
◆本事業体制と役割
キューアンドエー サイバーセキュリティ「お助け隊」実証事業参画
 
キューアンドエー サイバーセキュリティ お助け隊 実証事業 大阪商工会議所・東京海上日動・NECと協働
< 2019年7月3日 記者会見の様子 >

【当リリースに関するお問い合わせ】

キューアンドエー株式会社
 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5階
 広報担当
 お問い合わせフォームicon_window.png