お使いのInternet Explorerのバージョンは本サイトに対応しておりません。
最新版のInternet Explorer、または別ブラウザーをご利用ください。
最新版Internet Explorerのダウンロードはこちらから
広報Blog みてみて!キューアンドエー

「ほうれんそう」は誰がするもの?

1カ月に1回お届けするコーナー、ちょっと知っているといいかも!
“プチワンポイントレッスン”です!
 
本日のテーマは「『ほうれんそう』は誰がするもの?」です。
 
仕事をスムーズにおこなう上で「ほうれんそう」が大事だと教わりますね。
このほうれんそうは誰がするものでしょう?
現在、部下が上司に「報告・連絡・相談をすること」という意図で使われていることが多いですが、実は本来の意味は違います。
 
この言葉の創案者である山崎富治氏によると、上司が部下に、報告・連絡・相談をしやすい環境を整えてあげて良好な人間関係をもち、風通しの良い会社組織を作りましょうと、上司に向けた言葉なのです。
 
最近、部下が「ほうれんそう」をしてきた時には「おひたし」で返しましょうという切り返しが話題になりました。
おもしろい情報ですね。
 
お:怒らない
ひ:否定しない
た:助ける(困りごとがあれば)
し:指示する
 
上司が部下に「ほうれんそうをしろ!」と言っているところに、ほうれんそうは育ちません。
ほうれんそうが育つ環境を整えましょう。
そして、おいしい「ほうれんそう」の「おひたし」を作りましょう。
 
いかがでしたか?
今後もマナーに関する情報をどんどん発信してまいります。
次回をお楽しみに!
 
 
2018-03-23_manners.png


同じカテゴリー「マナーレッスン」の最新記事

  1. 2020年06月26日(マナーレッスン

    手洗いやうがいもエレガントに

    マナーレッスン

  2. 2020年03月19日(マナーレッスン

    啓蒙と啓発は違いがあるの?

    マナーレッスン

  3. 2020年02月28日(マナーレッスン

    社員が帰ったことは何て伝える?

    マナーレッスン

  4. 2020年01月28日(マナーレッスン

    鼻をかんだ後のティッシュはどう捨てる?

    マナーレッスン

  5. 2019年12月23日(マナーレッスン

    会食での困ったを解決! ~ビュッフェでの食事編~

    マナーレッスン