お使いのInternet Explorerのバージョンは本サイトに対応しておりません。
最新版のInternet Explorer、または別ブラウザーをご利用ください。
最新版Internet Explorerのダウンロードはこちらから
広報Blog みてみて!キューアンドエー

手土産を渡す時の一言は?

1カ月に1回お届けするコーナー、ちょっと知っているといいかも!
“プチワンポイントレッスン”です!
 
本日のテーマは「手土産を渡す時の一言は?」です。
 
present手土産を渡す時には「つまらないものですが」や「粗品ですが」の言葉がよく用いられますね。
これらは謙遜の意味からきています。
言葉の真意は「自分なりに誠意をもって選んだ品ですが、立派なあなたの前ではつまらないものに思えますdespair」です。
一方で「つまらないものをくれるなんて失礼だangry」と思われたり「そんなにへりくだる必要はないgawk」という意見も多くあります。
謙遜の言葉より、わかりやすいひと言を添えることをおすすめします。
 
では、どのような言葉を添えるとよろしいでしょうか。
「ほんの気持ちですが」
「心ばかりですが」
「皆さまで召し上がってください」
「地元で美味しいと評判のお菓子です」
「季節限定品なので、ぜひ召し上がってください」
 
happy01相手に喜んでもらいたいという想いを素直に表現したほうが、気持ちが伝わりますよね。
そこから話題が広がったりもして、相手とのコミュニケーションも深まるのではないでしょうか。
 
いかがでしたか?
今後もマナーに関する情報をどんどん発信してまいります。
次回をお楽しみに!
 
 
キューアンドエー 手土産 マナー

 



同じカテゴリー「マナーレッスン」の最新記事

  1. 2019年08月23日(マナーレッスン

    においを意識していますか?

    マナーレッスン

  2. 2019年07月31日(マナーレッスン

    手土産の渡し方は?

    マナーレッスン

  3. 2019年06月20日(マナーレッスン

    手土産を渡す時の一言は?

    マナーレッスン

  4. 2019年05月24日(マナーレッスン

    手土産を渡すタイミング

    マナーレッスン

  5. 2019年04月19日(マナーレッスン

    乾杯にもお作法があるの?

    マナーレッスン